自分を卑下しない

自分を卑下しないようにしましょう。

生まれ持って男性しか愛せない人も途中から同性愛の素晴らしさに気付いた人にもどちらにも言えることかもしれませんが、
白い目で周りから見られているからといっても決して自分を卑下してはいけません。

よくありがちなのが、思春期の時です。周りは女性に対しての制定興奮を覚えているにもかかわらず、男性に心惹かれてドキドキして発情している自分が周りと違うと感じてしまうのはよくありがちです。

しかし、それは周りが違かろうとも無理に女性を愛そうと思っても難しいのです。思春期の時は特に周りを気にして行動してしまいがちで隠して行動することが多いでしょう。

同じような悩みを抱えて生きている人は非常に多いです。しかし、その時は隠していても絶対に自分は生きていてはいけないとか気持ち悪い人と自分を否定することだけはしないようにしましょう。

今は辛くても必ず成長すれば楽しい時間を満喫できますし、同じようなゲイの人がいれば同じ悩みを持つ者同士として色々な支えになるでしょうし、いづれ自分の気持ちに正直に生きれるようになってきます。

社会人になっても色々な障害が発生しやすいですし、周りは男だらけの場合は蛇の生殺しに感じる時もありますが、そんなときほど早くゲイの出会い系サイトを利用したり、ゲイタウンにいって発散しましょう。

同じように感じている人が多いからこそ温度差が少ないと言えます。

ゲイの人同士の交流が訪れるようになったら非常に楽しい人生に変わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする