ガン掘り

ガン掘りされた時の事を書きます。

投稿者:恵みさん(年齢不詳)

私は性同一性障害と診断されて、今はニューハーフとしてショーに出たり、ホールに出たりして、ノンケの方もおおく来店される場所で働いています。

ゲイやニューハーフの人が働ける場所ってやっぱり限られているのでそこは非常に恵まれていると思います。

そして、そこで働くキッカケになったのが私をガン掘りした人間に紹介してくれた年齢不詳のトミさんです。出会いは出会い系サイトを通じて知り合いました。ゲイバーやそういった場所をあまり知らなかったですし、詳しくもなかったので行く気になれなかったので、サイトを通じて通じ合っていました。

トミさんはリバの方でウケもタチもいける派だったのですが、トミさんにある日ガン掘りしたいとお願いされました。今まではあまり挿入しても少ししか入れなかったりお互いにオーラルセックスで済ましていることが多かったのですが、我慢できなくなったのか、お願いされました。

私はウケ側だったのですが、痛がりなのであまり気乗りしていなかったのでトミさんにお願いされた断れなかったのと、痛みになれてきて体がなじんできたので奥まで良いよと了承しました。

まずは腸内を洗浄して、ローションをたっぷりとこれでもかと入れてすべりをよくしてギンギンにそそり立ったトミさんjrを受け入れました。

徐々に奥まで入ってきて、見事に奥までずっぷりと挿入されました。

正直言ってめちゃめちゃ気持ちよかったです。いきなりガン掘りされたそれこそ痛さで嫌になっていたと思いますが、徐々に慣らしたことで快感に変わったのです。

トミさんの私の中で無事にはててくれました!

それから本格的に女になりたいと気持ちが強くなってトミさんに相談してそこから今に至りました。

トミさんとは今でも私の一番のパートナーです。え?二番目もいるって、私の穴はアナルローズと言われるぐらい名器なので(笑)

パートナーは多めですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする