相手に求められて

自分が求めることはなくても相手に求められてはじめは仕方なく、友達という関係を切りたくないということや性的欲望に負けてしまい許してしまってからゲイになるキッカケとなってしまった人はいます。

自分が興味がある!というわけではなくても友達がゲイでそこから色々と求められていくうちにゲイ、または倍に走ってしまう人も多いです。

しかし、バイとなった人も男性同士のほうが変に気を使わずに性的欲求を満たせますので結局はゲイの世界と歩んでしまいがちです。

頼まれて仕方なく関係を築いていたつもりがいつの間にかかけがえのない存在になっていたり、自分のほうが本気になってしまうということも珍しくありません。

お互いに持っているものが同じですので、ツボを心得ていると言っていいでしょうか?

快楽に勝てるものはありません。だからこそ男性同士はつながりやすいのです。

ノンケの場合は女性が相手ですので女性の場合は何かと段階を踏んだりしなくてはいけませんし、気分によって乗らない時もあったりしますし、面倒なことも多いですが男性の場合ですと、性的欲求があるかどうかですので、話が早いのです。

もちろん興奮すればするほど男性は盛り上がるので、お互いに興奮度は高まりやすいので性的快楽も高いのです。

ゲイ同士のセックスは異性同士よりも気持ちいいものなのです。だからこそ相手に求められて一度でも体験してしまったらゲイの道に走るきっかけになりやすいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする